沖縄のカフェはこだわりのお店が多いけど、PRの仕方が下手だ

沖縄には魅力的な素材がたくさんあるので、それを使った飲食店やコーヒー豆にこだわった素敵なカフェや飲食店がたくさんあります。なぜか、いいなと思うお店は道がわかりづらく、説明も難しいので探しながら、ようやくたどり着くお店も多いです。

ターゲットを絞り込んでしまうと頭打ちになるでしょうから、ざっくりしたターゲットを設定して、地元民も旅行者も楽しめるお店がいいですね。飲食店の店主は、料理だけを作っていればいい訳ではなく、宣伝活動も必要です。宣伝方法もいろいろあります。

一番効果的なのはテレビでしょうけれど、予算がかかり過ぎます。あとは雑誌やガイドブックなどの本です。飲食店の方からいきなり頼んでも本で取り上げてくれないでしょう。一番安上がりなのは口コミです。

今は特にネットの知識がなくてもSNSなどで、「おいしかった」「また行きたい」など
情報を発信することが出来ます。沖縄には沖縄のいろんな情報を発信するサイトがあり、複数のライターが取材して記事を書き、広告収入を得ています。

まずは、SNSで情報を発信してもらって、口コミが口コミを呼ぶ状態を作り、お客様を集めます。人気になれば、雑誌などの取材の依頼も入るでしょう。テレビ業界の人は、アンテナを張っていますので、人気になれば取り扱ってくれるでしょう。

ですが、これらのことをお店を経営しながら行うのは無理だと思います。お店の宣伝方法はたくさんあるからです。チラシのポスティング、クーポン券を配る、webサイトを作る、お店のSNSを発信するお客さんにSNSなどで口コミを広めてもらうなどなど。

そこでこれらをトータルにプロデュースする人がいてもいいのかなと思います。大学が近いならクーポン券付きのチラシが良さそうとか観光地なら、レンタカー会社で配るガイドブックにクーポン券をつけるとか基本情報やコンセプトはwebサイトを外注して、日々のことはお店のSNSで発信するとか。

沖縄はまだまだPCの普及率が低く、webに対する拒否反応も強いです。PCに強い人はどんどん進んでいくのに、30代40代でPCやネットと縁がなかった人はどんどん取り残されてしまいます。子供でもスマホを持てる時代なのに、大人たちが追い付いていないのです。

そこで、きちんとデータなどを用意できる人が根拠を示しながらお店の上手なアピール方法をプロデュースすることで、集客が見込めて安定的な経営が出来ると思います。いいお店なのにアピールが下手で閉店してしまうお店もあるからです。

私が経験した小雨の朝にキツネのまやかしに出合った話

「キツネの嫁入り」という言葉を昔、聞いたことがあります。小雨が降る朝日が昇りかける少し前の時刻に、山裾につながる灯りが見えるときがあるそうで、これを「キツネの嫁入り」というそうです。

一般的には、晴れた日に小雨が降る時につかわれるそうですが、怖い言伝えでは、これに出会うとキツネのまやかしに遭い、闇夜に誘い込まれるらしいです。土地柄によっても内容が違っているそうなのだけど、急には信じられません。これから話す内容は、私が経験した「不思議な本当の話」です。

場所は神奈川県川崎市某所、某大手製鉄所がある街のこと。当時、千葉県市原市に移り住んでいた24歳の時、長男が2歳を過ぎた頃で妻は長女を出産したばかりでした。梅雨も終わるかなという頃で、その日は知人宅へ行く用があり、時刻は朝5時を過ぎた頃です。

家族全員で出かける予定だったのだけど、妻が身体の調子が良くないということで、長男と2人で行くことになりました。外は小雨が降っていて、暗かった記憶があります。長男を無理やり起こして、車の後部座席に座らせ出発すると、少し走ってから空が薄っすらと青みがかってきました。

少し田舎道ですが、走りなれている道なので心配の欠片もありませんでした。景色は、田んぼと、所々にある自動販売機、古い店構えのタバコ屋とパン屋と酒屋が合体したような店が一軒ありました。他には、いかにも農家という民家がポツリポツリとあるだけでした。

息子は大人しく、後部座席の真ん中を占拠して座っていて、私は時計を見ながら「後、20分で着くな。」と考えながら運転していました。しばらく走ると、交差点の信号が赤で停車して、右角にはさっきと同じ様な店構えのパン屋がありました。

信号が変わり車を走らせながら、ルームミラーで後ろを見ると、まだ、朝早い時間だったので息子は寝ていました。進行方向左手の電柱の下には、古びた自動販売機が見えてきて、時間を再確認してみると到着予定の10分前でした。

「あれっ、こんなに時間がかかっている」と思いつつ走っていると、再び交差点、赤信号で停車すると、左横にまた、古びたパン屋がありました。「あれ、このパン屋はさっき通った場所だよな。」と思いました。信号が変わり、交差点を右折すると、前方にまた、古びた自動販売機。これもさっき見たような気がしました。

外は完全に日が昇り、明るい景色で、前方に空き地があったので車を止めて、現在地を再確認することにしました。25年前の話なので、現在のような「ナビ」などというものは無く、当然、携帯電話もない時代です。景色を見ながらキョロキョロしていたとき、突然として身体中の血の気が引く感覚で、背筋が凍りつく程の違和感を覚えました。

あぶら汗が額に溢れ出すのも一瞬で、とっさにタバコに火を点けた途端、それまでの違和感が消えて、現在地までが理解できた状態になりました。もう一本タバコに火を点けて走り出し、息子には申し訳なかったが、知人宅に着くまで、とにかくタバコの火は絶やさないようにしました。

用が済んで帰路につく道順は、少し遠回りの国道を選んで走りました。帰宅後に妻に話をすると、信用しているのやら、ただの「トンチンカン」だと思っているのやら、わかってもらえませんでした。どちらにしても、世の中には科学で証明できない事は、まれに起こるようで、だから面白いともいえるのではないのでしょうか。

習い事は自宅の近くで、安く受講できるのが理想だが……

最近の悩み。それは、習い事の受講料と、教室へ行くまでの交通費です。自宅の近くにある教室に行って、安い料金で受講できるのが理想ですが、現実はそうならないのです。近くにある教室は、路線バスの使い勝手が悪いために通いにくいか、雰囲気が自分に合わないか、その両方なのです。

多少遠くても自分に合った教室の方が長く続けられますが、そうした教室は受講料が高くなりがちで、教室へ行くまでの交通費もかかります。例えば、私は少し前まで卓球をしていましたが、自宅から2キロくらい離れたところにある教室は長続きしませんでした。

レッスンに間に合う時間帯にはバスがなく、代わりに車で行こうしても、教室には駐車場がありません。自転車で教室に行く人は何人もいましたが、私は自転車を持っていないし、買ったとしても置く場所がないのです。自分の住んでいる集合住宅の駐輪場がいっぱいだからです。

結局私は、車で20分ほどのところにある教室に7-8年くらい通い続けました。自宅から遠く、受講料も近くの教室より高いですが続けられました。先生との相性や、レッスンの内容がよかったために続けられたのだと思います。

ヨガスタジオについても同じことがいえます。つい先日、自宅から歩いて10分以内のところにヨガスタジオがオープンしましたが、一度体験に行ったきりです。それまでは電車で20分ほどかけて別のスタジオに通っていたので、何かと面倒に感じることもありました。

そこで近くのスタジオなら気軽に通える、と思って足を運んでみたら、期待は見事に裏切られました。建物の2階で受付と着替えをしてから、外階段を下りて1階のスタジオでレッスンを受ける、というスタイルに、どうしてもなじめそうになかったのです。スタジオのチャラチャラした雰囲気も、自分に合わない感じでした。

ヨガについてはそれまで通り、電車で20分ほどかけてスタジオに通っています。チケット制で料金を無駄にせずにレッスンを受けられることと、お気に入りのインストラクターがいることから、8ヶ月ほど続いています。スタジオは自宅から近いとはいえませんが、路線バスで近くのスタジオに通う方がかえって大変です。

最近、マネープランや節約に関するネット記事を読んでいたり、家計簿をつけていたりすると、習い事にお金がかかっているな、と改めて実感します。自分は教室が近くて受講料が安くても合わなければ行かない反面、多少遠くて受講料が高くても、合っていれば長続きします。節約を考えるとこのままでよいのか、近くて安い教室で我慢すべきなのか、それとも他の方法があるのか今の時点では結論が出てないので、しばらく考えてみることにします。

最近思った実はできていない貯金について改善していること

私は、小さい頃からお年玉や何かのお祝い金は、可愛い封筒だけを渡されて、中身のお金は自然と貯金されていました。昔は現金を手に持たせてもらえなかったので、自分のお財布にお金が入っているということは憧れでした。

でも、そのかわり、大人になって、100万円以上の貯金の入った通帳を渡され、そこからバイトなどを積み重ねて行きました。しかし、簡単じゃないのが、そこからの貯金でした。私は昔から貯金が大好きで、お小遣いでも、小銭貯金などを沢山して、二十歳には小銭だけで20万円も貯金できました。

そして、大学からの一人暮らしや、社会人になってからの生活費などで、沢山出費がある現実と向かい合わせになりました。最近仕事を変え、給料が今までの3分の2しか稼げていないのが少し悲しいところですが、貯金は今まで通り続けて行こうと思っていました。

しかし、びっくりするほど、貯金の通帳が中々110万円以上をキープしてくれない事です。今まで、毎月給料の中から決まった金額だけを取り出し、残りは貯金をしていました。しかし、病院だったり、何かと計画外の出費が必ずあり、月末にはさらに数万円下ろさなければならず、気づいたら、毎月ほとんど貯金できていませんでした。

また、中学時代のキャリアウーマンな友達と会話をしていると、数十万など簡単に払える、というような会話が飛び交い、私は昔は他の子供達よりも貯金があったかもしれないけれど、今は同い年の女性達と、貯金額は対して変わらず、またキャリアウーマン達よりはかなり低い貯金額だという事に気づきました。私は本当に貯金とお金がない人間です。

そこで、絶対に手をつけられないところにお金を置かなければ、結局給料前にお金を引き落としてしまう、と思い、新しい貯金方法を考えました。元々500円玉貯金というのは続けているのですが、それとは別に、必ず毎月給料から一万円は、開かない貯金箱に入れるという決まり事を作りました。

そうすれば、どんなにお金が無くても、そのお金は手をつける事ができないので、嫌でも貯まって行きます。2月の頭から始めたばかりなので、まだこれから一万円札を入れるところですが、少し余裕のある時に、千円札も入れているので、それも貯金になります。

今年いっぱいは少なくとも開けない予定なので、どのくらい楽しく貯金ができるか楽しみです。また、目標は、12月までに今の貯金以外に50万円を貯める事なので、自分に少し鬼になりながら、またストレスを溜め過ぎないように、新しく改善した貯金方法を続けて行こうと思います。

地方にとって最大の良い政策『ふるさと納税』の今後について

今、ふるさと納税に関する返礼が問題になっています。政府は加熱するふるさと納税の返礼品にストップをかけようと、返礼品の限度額を納税金額の30%までとし、さらにその地域の地場産品に限るという条例をだしました。これに対し、実施までの間AMAZONのギフト券を返礼品にするという事を実施し話題になったのは記憶に新しい事です。

ふるさと納税が始まり、各自治体はお礼として、地場の産品をお返しいたのが始まりですが、返礼品の豪華さから各自治体の競争が始まりました。そして地場産品の無い地域では、何でもあり状態が続きました。これによって都心部の納税額が減り、問題視した政府が規制に乗り出したわけです。

さてふるさと納税は地方にとって最大の政策だと述べたのは、地場産品のある地域にとってという制限が付きます。たとえば、この地域で有名な青果物や、海産物などがあり、それを返礼品にしたとします。その返礼品目当てで、ふるさと納税をしてくれる人が増えれば増えるほど、名産品の引き合いが強くなります。

つまり価値が上がるわけです。市場を流通させ各地に販売しても、価格は安定するだけで農家や漁業に携わる人、そして中間に入る業者さんなどの利益は、よほど物量が増えないと上がりません。しかし物量を増やすためには、規模の大きい量販店チェーンに頼らなければ無理ですが、そうなると価格は抑えられ、下手すると価格低下を招いてしまいます。

しかしふるさと納税の返礼品として火が付くと、行政は市販ルートより高値で買ってくれます。これは納税してくれた人に、絶対返礼しなければならないもので、欠品は許されないのです。こうなると生産者の人達や、それに携わる中観業者さんたちまで好景気に見舞われるのです。現実に自分の知る範囲では、相場が2倍以上に跳ね上がった魚はざらにありました。

今回の政府の措置は賛否両論ですが、決まった以上、あとは自治体の努力にかかっていると思います。私に言わせれば、地場産品の無い地域は、自治体の怠慢もあると思います。元々名産品の無い地域でも、特産品を作ろうと自治体が主体実行して取組み、見事地場産品にのし上げた実例は沢山あります。

これからは、地方自治体の力が試される時代だと思います。ふるさと納税という地方にとって最高の政策を与えられ、我が地域は何を売り物にしていくのかということが明確に出来ます。政府が与えてくれた地方創世のチャンスを、この地域には何もないからという理由だけでほったらかしにしていくのか、自分たちで作り上げようとするのかで今後、活性化する地域と、疲弊してゆく地域の差がはっきり出て来ると思います。

スーパーに買い物に出掛けると必ず知らない人に話しかけられる

先日は母の誕生日に手料理を作るために、父と近所のスーパーに買い出しに行きました。ケーキも手作りをするのでイチゴをチェックしに行ってみると品種も多くあるだけではなく、生産者の名前も記載があって、どのイチゴが甘くて美味しそうなのかパックを何度も睨めっこしていました。

そんな時に背後から来た高齢の女性が私の手に持っているイチゴのパックを見て「それはイチゴの葉っぱがしっかりと立っているから美味しいわよ」とアドバイスをくれて驚きました。どのパックを選べば良いのか悩んでいたので、高齢の女性からのアドバイスはイチゴ選びに心強かったです。

勿論、そのイチゴのパックを購入しましたが、関西圏に住んでいるからなのか、私が喋り掛けやすそうなタイプに見えるのか、スーパーに行くと必ず顔を合わせたことがない高齢の女性がよく声を掛けてくれます。

最近であれば家族で食べるお弁当を買うのに悩んでいた所「このお弁当は美味しいよ」「このお弁当はイマイチ」と声を掛けてくれる女性、お菓子コーナーでは「このチョコレートが美味しかったよ」と教えてくれる親切な人が多いです。この話を家族や友人にしてみると、買い物の際に顔の知らない人と話すことはないと言っていたので驚いていました。

私自身は結構、話すことに慣れてしまったので教えてもらったら「ありがとう」と声を掛けてその場を離れます。勿論ですが、その後もその方達と顔を合わせたことがないので、本当に偶然の出来事なんだと実感しています。

最近で一番驚いたことは、スーパーの毛染めコーナーで女性に話しかけられたことです。自分に合う髪色の毛染めを一緒に見て欲しいと言われて、その女性の髪色を見ながら毛染め選びを一緒にしました。最初こそは驚きましたが、実際に毛染めをするときに自分の髪色を見比べるのが難しくて誰かに聞きたくなることがあるからです。

中には面白かった出来事もあります。私が偶然そのスーパーのスタッフの洋服に似たトップスを着ていたことがあり、店内を歩けばお客さんから商品の場所を聞かれることが何度もありました。

最初は純粋に商品を探すのに困っているんだなと思っていたのですが、一緒に来ていた家族に、「店員に間違えられているんじゃないの?」と言われて気付きました。その後は似たトップスを着てスーパーに行くのは控えるようになりました。外に出て人と話すのは楽しいので、話しかけてくれる方も私との会話を楽しんでくれていれば嬉しいです。