スーパーに買い物に出掛けると必ず知らない人に話しかけられる

先日は母の誕生日に手料理を作るために、父と近所のスーパーに買い出しに行きました。ケーキも手作りをするのでイチゴをチェックしに行ってみると品種も多くあるだけではなく、生産者の名前も記載があって、どのイチゴが甘くて美味しそうなのかパックを何度も睨めっこしていました。

そんな時に背後から来た高齢の女性が私の手に持っているイチゴのパックを見て「それはイチゴの葉っぱがしっかりと立っているから美味しいわよ」とアドバイスをくれて驚きました。どのパックを選べば良いのか悩んでいたので、高齢の女性からのアドバイスはイチゴ選びに心強かったです。

勿論、そのイチゴのパックを購入しましたが、関西圏に住んでいるからなのか、私が喋り掛けやすそうなタイプに見えるのか、スーパーに行くと必ず顔を合わせたことがない高齢の女性がよく声を掛けてくれます。

最近であれば家族で食べるお弁当を買うのに悩んでいた所「このお弁当は美味しいよ」「このお弁当はイマイチ」と声を掛けてくれる女性、お菓子コーナーでは「このチョコレートが美味しかったよ」と教えてくれる親切な人が多いです。この話を家族や友人にしてみると、買い物の際に顔の知らない人と話すことはないと言っていたので驚いていました。

私自身は結構、話すことに慣れてしまったので教えてもらったら「ありがとう」と声を掛けてその場を離れます。勿論ですが、その後もその方達と顔を合わせたことがないので、本当に偶然の出来事なんだと実感しています。

最近で一番驚いたことは、スーパーの毛染めコーナーで女性に話しかけられたことです。自分に合う髪色の毛染めを一緒に見て欲しいと言われて、その女性の髪色を見ながら毛染め選びを一緒にしました。最初こそは驚きましたが、実際に毛染めをするときに自分の髪色を見比べるのが難しくて誰かに聞きたくなることがあるからです。

中には面白かった出来事もあります。私が偶然そのスーパーのスタッフの洋服に似たトップスを着ていたことがあり、店内を歩けばお客さんから商品の場所を聞かれることが何度もありました。

最初は純粋に商品を探すのに困っているんだなと思っていたのですが、一緒に来ていた家族に、「店員に間違えられているんじゃないの?」と言われて気付きました。その後は似たトップスを着てスーパーに行くのは控えるようになりました。外に出て人と話すのは楽しいので、話しかけてくれる方も私との会話を楽しんでくれていれば嬉しいです。